昨年の「調布 宝塚我心の故郷」は収益金を高松宮妃癌研究基金への寄付という理念があり、主催の本庄さんはパレスホテルで行われたセレモニーにご出席になり、平成30年度に癌研究基金の財団へ寄付をされた団体の一つとして、財団が感謝状を授与しておられました。私は微力ながら、放送での広報として昨年ご出演者にインタビューをさせていただいたき写真
末席に出席させていただきました。日本人の二人に一人が癌で命を落とすといわれる時代に、癌研究の進歩を願わない人はいない。一人一人の小さな寄付が大きなうねりとなり、研究を支える一部になっているのだと、厳かな式典で感じました。また、常陸宮殿下のご臨席の中、平成30年度の癌研究の功労者へ助成金を授与されていました。「調布 宝塚わが心の故郷」今年も5/6に調布のくすのきホールで2回公演があり、また癌研究基金への協力のイベントでもあります。エンターテイメントの現場が、社会とのつながりを大切にし、ご出演の皆さんとお客様がその理念を理解されていることの尊さを感じました。3月に今年は再び安奈淳さん、初風諄さんにマイクを向けさせていただく予定です。